マイル

海外に年間6回無料で行く方法(なんとビジネスクラス!)

ビジネスクラスをただで乗って訪れた都市

2017年の私のビジネスクラスで以下の6都市に行きました。

・ハワイ
・パリ
・バンコク
・サンフランシスコ
・ロンドン
・シンガポール

自分で振り返っても贅沢だなぁと思います。
仕事の出張も含まれてますからね!笑

この6回のフライトですが、
マイルを利用しているので、”無料で”ビジネスクラスに搭乗できています。

ではどうやって、
そんなマイルを溜め込んだのか?!
そこが気になりますよね。

利用したマイル数はどれだけ??

まずは必要なフライトマイルを整理したいと思います。

・ハワイ:180,000 ※
・パリ:90,000
・バンコク:50,000
・サンフランシスコ:90,000
・ロンドン:90,000
・シンガポール:60,000
→合計560,000マイル!!!

※家族旅行なので、妻と子供3人分のマイルです

とんでもないマイル数ですね。
ご想像の通り、クレジットカードのポイントを移行することで、
これだけのマイルをゲットし、無料でビジネスクラスの乗っているのです。

お得度を考え、日経航空会社を利用するべし

日本発着の国際線は、以下の2つの点からJALもしくはANAのマイレージを利用する方が多いと思います。
私はJALを利用しています。

・羽田・成田空港から直行便のフライト数が多い、また時間帯も便利
日本航空・全日空ともに、日本人をメイン顧客としているため、日本人にとって便利な時間帯にフライトを組んでいますし、ハワイ・シンガポールなど人気の都市にはフライト数も多く飛んでいます。

・海外(外資系)の航空会社と比べた際に、同一区間フライトに必要なマイル数が少ない
つまり大分お得ということです。
ハワイ往復エコノミーフライトをマイルで搭乗しようとすると、
JALだと40,000マイルですが、デルタ航空では80,000マイル必要です。

アメリカンエキスプレスカードで溜まったポイントは、
外資系含め多くの航空会社のマイルに移行をできるのですが、
上記のような理由から、あまり好んで移行している日本人の方はすくないと思います。

ポイントマイル移行の落とし穴

ココで一つ注意しなくてはいけないことがあります。

ご存知の方も多いと思いますが、
アメリカンエキスプレスをはじめ、ほとんどのクレジットカードは、
日系の航空会社、つまりJALとANAに年間で移行できるポイント数に上限があるのです。
具体的例は以下です。

・アメリカンエキスプレスカード(プロパー):ANAに移行できるが、年間80,000ポイント(80,000マイル)まで
・ゼゾンアメリカンエキスプレスカード:JALにに移行できるが、年間80,000ポイント(80,000マイル)まで

ここで私が1年間に利用したマイル数を思い出してください。
「560,000マイル」ですよ!!!

なんでなんでなんで、
一般的には上限が切られているのですが、
移行手数料を払うことで、無制限にポイントを移行できるカードというものが存在しているのです。

JALマイルへの移行上限がないカードがある!

MUFGプラチナアメリカンエキスプレスカード

JAL限定ではありますが、19,000マイル毎に移行手数料を6,000円払えば、
無制限にJALマイルに交換できるのです。

とはいえ、
それなりのクレジットカードの利用がないとポイントは溜まりませんし、
マイルにも交換できませんよね??

事業でクレジットカードを使いマイルに移行しよう

ただのお金持ちだから好きなものを沢山カードで使っているんでしょ?
と思われましたか、
そんなことはないのです。

私がなぜそんなにカードを使っているか、それは事業で使っているからなのですね。
誰でも事業なんてできるわけないじゃないと思われるかもですが、
仕入れがある事業主さんであれば、カードを使うケースは多いと思うのです。

ポイントをマイルで使う具体例

<ケース1>
アマゾン、ヤフオク、メルカリ、バイマでの転売事業

これは副業や個人でも始めやすい事業です。
梱包や発想などが面倒という方もいるかもですが、
安価にアウトソースできるオープンロジなどのサービスもあるので、インターネットで作業する環境だけで始められます。

例えば、
毎月100万円の仕入れがある方、
MUFGアメリカンエキスプレスカードで仕入れるようにしましょう。
(MUFGアメックスは事業用決済が認められていますので、ご安心ください)

個人の利用が毎月30万円あるとします。

事業利用:年間1200万円
個人利用:年間360万円

1000円利用で1.5グローバルポイントが溜まりますので、
1年で23,400ポイントが溜まります。

これをJALのマイルに移行すると、8倍になります。
187,200ポイント!

ビジネスクラスを利用した場合、
パリ(100,000マイル)とハワイ(80,000マイル)に行けるのです!

プレミーエコノミー利用の場合、
パリ(70,000マイル)、ロサンゼルス(65,000マイル),シンガポール(50,000マイル)に行けてしまう!

さらに、エコノミーなら・・・
パリ(52,000マイル)、ハワイ(40,000マイル),ロサンゼルス(50,000マイル),シドニー(40,000マイル)と世界を飛び回れる。。。

事業をやりながら、海外旅行もできてしまう、
物販をやられている方は、旅先で買い付けなど事業にプラスになることもあると思います!

<ケース2>
広告代理事業を営んでいる

GoogleやYahooのオンライン広告は、効果検証が細かくできるため、
中小企業から大企業まで、とても需要のある広告です。
こういったインターネット広告の運用事業や代理事業を営んでいる方は、
月間に数百万円というカード利用があるため、ポイントがめちゃくちゃ溜まります。

例えば、
毎月300万円の広告仕入れがある方、
MUFGアメリカンエキスプレスカードを支払い方法に切り替えましょう。

個人の利用が毎月50万円あるとします。

事業利用:年間3600万円
個人利用:年間600万円

1000円利用で1.5グローバルポイントが溜まりますので、
1年で63,000ポイントが溜まります。

これをJALのマイルに移行すると、8倍になります。
504,000ポイント!

2017年に私が50万ポイントを使って、
ビジネスクラスで海外に6回も渡航したとお伝えしました。

そうなんです、これがそのカラクリです。

事業をやりながら、その事業で収益を出しつつ、
クレジットカードのポイントで海外に無料でいけてしまう。

なんともハッピーな生き方ではないでしょうか。

クレジットカードは旅行計画に合わせて使い分ける

年間6回ビジネスクラスとなると、
ご説明したように、毎月数百万のカード利用が必要ですので、

まずは、事業・個人問わず、JALもしくはANAのマイルに移行できるクレジットカードに利用を1本化することをオススメします。

月間30万円・年間360万円の利用でも、
43,000マイルに交換ができますので、
ハワイやシドニー、シンガポールに無料で行けるのです!

MUFGカード以外のクレジットカードで、
JAL/ANAにマイルをお得に溜められるカードは、改めてご紹介させていただきます!

ピックアップ記事

  1. SPGアメックスの無料宿泊特典はハワイで使えるのか・・・
  2. アメックスのポイントを旅行好きはどう活用するべきか
  3. はたしてSPGプラチナを維持する価値はあるのか…考えてみました。
  4. 海外に年間6回無料で行く方法(なんとビジネスクラス!)
  5. サンフランシスコのドロレスパークはただの公園なようで、ただの公園ではない。

関連記事

  1. 旅行費用

    これなら毎年行けるかも?!我が家のハワイ旅行費用 大解剖

    ハワイ旅行の費用をどう捻出するか...私の妻は、学生時代ハワイ…

  2. SPG

    SPGアメックスの無料宿泊特典はハワイで使えるのか・・・

    カードを保有するだけで、SPGマリオットグループのゴールドエリートステ…

  3. マイル

    JALマイルを家族旅行に使う!有効活用法AtoZ

    JALのマイルは旅行に使おう!国内出張でJALをよく利用する方…

  4. マイル

    マイル使ってお得な買い物旅を!ブランド物はパリで半額ショッピング!

    フランスはそんなに遠くない。パリに年一の買い物に行こう。 私は…

  5. マイル

    「JALのマイルを使う!」保有ポイントによるオススメ旅行先まとめ

    JALカードがJALマイラーに一番おすすめとはかぎらない!私は…

  6. 旅行費用

    アメックスのポイントを旅行好きはどう活用するべきか

    ポイントが貯まるアメックスプロパーカードの種類アメリカンエキス…

最近の記事

人気記事

  1. マイル使ってお得な買い物旅を!ブランド物はパリで半額ショッピ…
  2. サンフランシスコのドロレスパークはただの公園なようで、ただの…
  3. SPGアメックスの無料宿泊特典はハワイで使えるのか・・・
  4. これなら毎年行けるかも?!我が家のハワイ旅行費用 大解剖
  5. アメックスのポイントを旅行好きはどう活用するべきか
  1. 高級ホテル紹介

    韓国屈指のビーチリゾート釜山のおすすめエリアとおしゃれ高級ホテル3選
  2. 高級ホテル紹介

    中東の人気都市ドバイのおすすめ滞在エリアとおしゃれ高級ホテル3選
  3. 高級ホテル紹介

    世界で最も住みやすい街「メルボルン」の魅力とおしゃれ高級ホテル3選
  4. 高級ホテル紹介

    中世の街並み残るマドリードのおしゃれ高級ホテル3選&人気滞在エリア
  5. ホテル体験記

    八重山の楽園「石垣島」の高級ホテルをエリア毎に紹介したい
PAGE TOP